新着メディア記事

医療情報取得加算について

2024.05.30

オンライン資格確認を行う体制を有しています。

患者に対し、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行います。

 

一般名処方加算

医薬品の供給状況等を踏まえつつ、一般名処方の趣旨を患者に十分に説明します。

情報通信機器を用いた診療を行います。

情報通信機器を用いた診療の初診の場合には向精神薬を処方しません。

医療DX推進体制整備加算(新設)

医療DX推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行います。 

生活習慣病管理料(Ⅰ)・(Ⅱ)(新設)

患者の状態に応じ、28日以上の長期の投薬を行うこと又はリフィル処方箋を交付することについて、当該対応が可能であることを医療機関の見やすい場所に掲示します。

外来後発医薬品使用体制加算

以下の掲示事項について、当該保険医療機関の見やすい場所及びホームページに掲載していること。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用に積極的に取り組んでいる旨。

医薬品の供給が不足した場合に、医薬品の処方等の変更等に関して適切な対応ができる体制に関する事項並びに医薬品の供給状況によって投与する薬剤が変更となる可能性があること及び変更する場合には患者に十分に説明することについて。