医院紹介

かわかみ内科の特徴

良好なアクセス

良好なアクセス

当院はJR「岸辺駅北口」から徒歩4分の好立地にあります。またお車でお越しの方にも、無料駐車場(4台分)をご用意しています。医院の目の前が岸辺駅からつながる駅ビル商業施設「ビエラ岸辺健都」ですので、通勤の帰り道、お買い物の前後など便利にご利用いただけます。

コミュニケーションを大切に

コミュニケーションを大切に

しっかりと徹底的に患者さまのお話を聞くことは私のモットーです。内科の疾患では患者さまの生活習慣を含めた「経過」を知ることがとても重要だからです。ですからいろんなことをじっくり伺い、またこちらからもていねいに説明することで治療にご不安のないようにします。

院長による在宅診療

院長による在宅診療

吹田市とその周辺を範囲として院長が訪問し、夜間・休診日にかかわらず24時間体制で在宅診療を行います。患者さまがご自宅でできるだけ快適に、自力で生活ができるよう全力でサポートすることで、患者さまに合った最適の医療を提供してまいります。

きめこまかな状態管理

きめこまかな状態管理

大病院では難しい、高い頻度でのきめこまかな定期的診察とお薬などの管理を行います。再発予防を第一に、日々の生活についてもご家族を含めたアドバイスを行います。特に老年期認知症、脳梗塞後遺症、パーキンソン病、てんかんなどでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

院長紹介

院長ご挨拶

院長 川上英孝 Hidetaka Kawakami

長く複数の総合病院で院長や神経内科部長をまかされてきたのですが、じっくりと腰をすえた地域医療に貢献したいという思いから、住みかでもある吹田の地で内科・脳神経内科のクリニックを開業いたしました。
患者さまの訴えをじっくり徹底的にお伺いした上で、ていねいな診察を心がけております。

そもそも社会に貢献できる職業として医療職を選び、最初は内分泌について学んでいました。しかし脳神経内科という病歴と診察ありきの科目で、まず患者さまに触れて何が起こっているかを診るという分野にのめりこみました。
注射をしたりレントゲンを撮ったりというのは、いわば「答え合わせ」といってもよく、最初の問診・神経学的診察で疾患の全容をほぼ把握してしまうのが脳神経内科の醍醐味でもあります。すると患者さまとの距離は近く、そこに医療の原点のようなものを感じました。

私のモットーは、徹底的に患者さまのお話を聞くこと。内科疾患や神経内科疾患はケガなどと違い、長い時間をかけて少しずつ悪くなっていったものが少なくありません。
そこで大事なのは「経過」です。ですから一見、疾患と直接関係がないように思えることでも、実は大いに影響していることもよくあるのです。そこでひたすら患者さまのお話を伺い、そしてこちらからはできるかぎりていねいにご説明をするようにしています。

大学を出てからは大きな病院に勤務する専門医として、もっぱら救急で受け入れた患者さまの診断、治療、その後の継続診療を行ってきました。
しかしパーキンソン病、認知症などの慢性疾患となると、患者さまの生活に即した診療が必要だと感じ、ピンポイントで診察せざるえない大病院ではそれが難しく心苦しい思いをすることも多くありました。
そこで地域に密着した開業医として、患者さまに寄り添える継続診療を重点的に行いたいと考え、開業に踏み切りました。そのような緊密な診療体制への強い期待・要請は多く、病診連携と診診連携を早急に進めながら着実に体制構築を進めたいと考えております。
目標は、皆さまの「地域のかかりつけ医」です。よろしくお願いいたします。

院長略歴

平成01年 大阪市立大学医学部卒業
平成05年 大阪市立大学医学部附属病院 老年科・神経内科
平成11年 (医)橘会横山病院院長
平成13年 (医)青葉会狭山神経内科病院神経内科
平成14年 国立療養所犀潟病院神経内科
平成16年 独立行政法人国立病院機構新潟病院 診療部長兼神経内科医長
平成18年 大阪市立総合医療センター神経内科部長
平成19年 (医)拓海会大阪北ホームケアクリニック内科
平成20年 (医)拓海会神経内科クリニック 院長
平成25年 (社医)弘道会寝屋川生野病院 内科部長兼神経内科部長
平成27年 (医)沖縄徳洲会吹田徳洲会病院 総合診療科部長兼神経内科部長
平成29年 (社医)北斗会さわ病院 内科部長

専門・学会など

  • 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
  • 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
  • 日本老年医学会認定老年病専門医・指導医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
  • 大阪府難病指定医
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 日本てんかん学会正会員
  • 介護支援専門員

施設基準など

  • 保険医療機関
  • 身体障害者福祉法指定厚生医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療、自立支援法によるてんかん診療)
  • 大阪府知事指定難病医療機関(特定疾患認定)
  • 指定小児慢性特定疾病医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 労災保険給付医療機関
  • 神経学的検査
  • 遺伝学的検査
  • ニコチン依存症管理料
  • 在宅持続陽圧呼吸療法遠隔モニタリング加算
  • 在宅時医学総合管理料(訪問診療を統括的、全人的に行います)
  • 在宅療養支援診療所(24時間対応)
  • 機能強化加算(初診)
  • ヘッドアップティルト試験(ふらつきや失神の原因となる起立性低血圧や体位性頻脈症候群の検査ができます)

施設紹介

外観
外観

吹田市民病院の向かいにあります。玄関を入ってエレベーターで建物の2階へお上がりください。車椅子や足の不自由な方は玄関のチャイムを押して頂ければお迎えに参ります。

待合
待合

特にソファは院長のこだわりで導入したもので、今でも一番のお気に入りです。

第一診察室
第一診察室

物を少なく、すっきりした構成にしています。

第二診察室
第二診察室

照明を調節することで、エコー(超音波)検査のしやすい部屋になっています。

処置室
処置室

点滴用のベッドの他、検査機器が並んでいます。隣にシールドされたレントゲン室を用意しています。

設備紹介

  • X線レントゲン検査(CR)
  • 心電図検査
  • ホルター心電図(世界最小・最軽量。入浴も可です)
  • 超音波検査(腹部・血管・神経・筋での検査ができます)
  • 血球計算の迅速検査(約5分間で結果が出ます)貧血や感染症がチェックできます。
  • CRP・HbA1cの迅速検査(約5分間で結果が出ます)
  • インフルエンザ・マイコプラズマなどは簡易検査だけでなく、発病からより早く検査可能な「増進検査」もできます。

医院紹介

かわかみ内科
医院名 かわかみ内科
診療科目 内科・神経内科
所在地 〒564-0002
大阪府吹田市岸部中3-14-5-201
最寄り駅 JR京都線「岸辺駅」
阪急京都線「正雀駅」
駐車場 無料駐車場4台分

アクセス・診療時間

日・祝
9:00~12:00
17:00~20:00

休診日 日曜・祝日

pagetop