内科

皆さまのかかりつけ医でありたい

内科では、患者さまのあらゆる体の不調に対してその原因がどこにあるのか、どのような治療が有効か、また必要であるかを判断します。
長い時間を診察待ちに費やさざるをえない大病院に行くとなると、やはり症状が重いものでないと二の足を踏むものだと思います。内科のどの分野においても専門でありつつ、軽い症状から重い症状まで判断するプライマリ・ケアを行う「地域のかかりつけ医」としてご相談ください。
発熱、咳、腹痛などの諸症状のある方も、必要に応じてレントゲンやエコー検査を行います。
白血球やCRPを数分間で迅速に測定できる院内検査も行えます。

一般内科

一般内科

急性疾患(急な発熱、風邪症状、インフルエンザ、嘔吐、下痢や腹痛など)の治療を行います。
「体調がすぐれないが、何科を受診すればいいんだろう?」というとき、ご遠慮なくご相談ください。症状をお伺いした上で検査を行います。

消化器内科

消化器内科

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸など)の他、肝臓、膵臓、胆のう、胆管などの疾患の治療を行います。胃カメラ、大腸カメラはありません。エコー検査はあります。
症状としては、胸のむかつき、吐き気、腹を下す(下痢)、食欲不振、腹痛、下血、血便、便秘、全身倦怠感、発熱、食後に背中が痛い、なんとなく全身に不快感があるなどさまざまです。

循環器内科

循環器内科

心臓と血管にまつわる疾患の診断と治療を行います。高血圧、脂質異常症(高脂血症)、狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈硬化、大動脈瘤などが疾患名として挙げられますが、症状としては胸の痛みや動悸、息切れ、むくみ、めまいなどがあります。急性症状を引き起こす場合もありますので、油断は禁物です。めまい、ふらつきは貧血、耳鼻科疾患、脳血管障害以外に起立性低血圧を見落とさないようにしたいものです。

呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸に関する疾患を治療します。咳が止まらない、呼吸するのがしんどい、いびきがひどいと言われたなどは呼吸器疾患の可能性があります。
疾患名としては、気管支炎、ぜんそく、肺炎、気管支喘息、慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、咳喘息、睡眠時無呼吸症候群(一部耳鼻科的)などがあります。

生活習慣病は、あなたの生命に直結しています

生活習慣病は、あなたの生命に直結しています

生活習慣病は、かつては「成人病」といわれていました。毎日の食事での不摂生、運動不足、睡眠不足、喫煙・飲酒の習慣などが深く関係していたためです。
しかし最近は小さなお子さまでも生活習慣病が問題になっています。
生活習慣病は毎日の小さな積み重ねから起こるものですから、一朝一夕に治療できるものではありません。しかし心臓・脳・血管などの重い病気と深いかかわりがあり、将来の大きなリスクを避けるには適切な治療が必要不可欠です。

近年は「メタボリックシンドローム」という言葉がよく知られるようになりました。肥満そのものは病気ではないのですが、脳疾患や心疾患のリスクが通常より高くなってしまうのは事実です。
改善するにはもちろん無理なダイエットではなく、健康的に体重を落としていくことが重要です。ところが「見た目が太っていないから大丈夫」といったものでもないのが難しいところです。定期的に数値をはかり、異常がないかをチェックすることが必要です。

高血圧

高血圧

血圧は、簡単に言えば血液量と血管の拡がり度合いで決まります。血管や心臓に過剰な負荷がかかると、血圧がどんどん高くなって血管の弾力がなくなっていきます。血管が動脈硬化して拡がりにくくなると血液が流れにくくなり、それはつまり血管がつまりやすくなることでもあります。また心臓への負担がかかることで機能低下を引き起こします。 その結果、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞といった重い病気に原因となります。 高血圧の治療には、まずなにより家庭血圧の記録が重要です。ご家庭で血圧を記録し、その数値を基本として降圧剤の使用を判断します。 もちろん用いる場合には、薬の強さを患者さまに合わせて調整しなければなりません。一時的に改善させるだけでなくよい状態を維持するには長期の治療となりますから、なるべく安価で効果の高い薬を少量から使います。もしその高血圧が塩分反応性であれば、塩分制限も行います。 なかなか難しいのは承知の上ですが体重減量も効果的です。食事療法の指導を行いますので二人三脚で着実に改善していきましょう。

脂質異常症

血液の中にある脂質量が異常に多い状態を「脂質異常症(高脂血症)」と呼びます。
自覚症状はありませんので、会社の健康診断などの機会がなければ自分で気づくことはきわめて難しいでしょう。
しかし脂質異常は動脈硬化を進行させたり、急性膵炎を発症する原因となります。
ほとんどの場合、薬を使えば改善しますが、問題はその「止め時」です。
外食が避けられない人は薬に頼らざるを得ない場合もあるでしょうが、食事療法ができる環境にある人では薬を減量、中止することを目指します。

糖尿病

糖尿病

私たちの体の中では、膵臓から分泌されるインスリンという物質が血糖値をコントロールして筋肉や心臓を機能させています。しかしこのインスリンが不足したり、うまく働かなければ全身に悪影響が及ぶ状態となり、その状態を糖尿病と呼びます。
糖尿病は失明などの眼科疾患・腎不全などの重い合併症を引き起こすため、定期的な尿・血液検査、定期的な眼科検診を励行しながら、糖尿病を治療しなければなりません。
また神経障害に対しては、痛みのわかりにくくなっている足のケアや自律神経障害のチェックを行います。
頸動脈エコーで動脈硬化をチェックし、HbA1cは院内血液検査を用い、迅速に測定します。

糖尿病の治療では、若い方には厳し目に、年輩の方には低血糖を起こさないことを目標にゆる目のコントロールをするようにしています。
糖尿病は無症状で経過することも多く、コントロール不全になってしまっている人にはインスリン自己注射で短期間、膵臓を休ませることもあります。

pagetop