医療連携について

このたび、①吹田市民病院、②吹田徳洲会病院、③済生会千里病院、および④済生会吹田病院(順不同)と医療連携を結びました。これで当院の患者さんをよりいっそうスムーズに紹介でき、いろいろな検査も簡便にお願いできるようになりました。また、病院で一旦症状が落ち着かれた患者さんを、病院から近い当院で継続して診療させて頂くことができるようになります。特に、①、②では開放型ベッドの利用ができます。開放型ベッドというのは、もし当院かかりつけの患者さんが入院された場合、必要に応じ、かかりつけ医が病院にかけつけ、病院の先生と一緒に入院治療させて頂くことが可能になるというシステムです。③、④では、患者さんの承諾があれば、VPN(仮想LAN)を用いて医療情報の一部を閲覧できるようになっています。